カテゴリー別アーカイブ: 未分類

1/30より開催のデジゲー博に「リゼットの処方箋」で登場するボードゲーム「ルディガ」の試遊版iOSアプリを出展します。

1/30~1/31にかけて幕張メッセにて行われるデジゲー博SPECIAL in 闘会議2016にて、LizArtsで参加致します。両日参加でスペースは”C-02b”となります。

▼デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016

iOS版「ルディガ」のプロトタイプを出展します。

ルディガ01

昨年の11月にも参加させて頂きまして、リゼットアートブック、リゼットサントラ、メモドグフライヤー等頒布しておりました。今回は、昨年冬コミで頒布した新刊「メモリーズドグマ ~テンポラリーパーミッション~」の頒布に加えて、ゲーム「リゼットの処方箋」にギミックとして登場するボードゲーム「ルディガ」が実際にiOS端末上で遊べちゃうプロトタイプを展示します。

という所で、ひっそりと今回のデジゲー博に向けて水面下で進めておりました。

前々からこれ実際に遊べたらいいな~という思いはあり、リゼットを遊んでくれた方からプレイしてみたいという要望もあったものの、実現するとしたらアプリケーションとして作る必要があり、その労力に果たして見合うのかという疑問がありました。ルールだけ作ってはいたものの、実際に誰かと遊んだ事も無かったので、思い立って厚紙に印刷した紙をはって切って、自作ボードゲームを作って遊んで見ることにしました。

去年の終わりにかけて新生リゼットチームの編成を少しずつしておりまして、チームの皆さんにプレイしてもらった所なかなか面白かったので、今回制作する運びとなりました。
ちなみにリゼット関係、メモドグ関係で双方進行に影響はないように、メモリーズドグマチームとは独立しているメンバー構成となっております。

D301_Luediga

こちらがリゼットに実際登場していたギミックのスクリーンショットです。2011年当時(5年前…)の設計ではタテ9マス×ヨコ7マスだったのですが、iPhoneなどの画面の大きさを考えると見づらいという所と、1回のゲームにつき時間がそれなりに掛かる(だいたい30分~1時間くらい)ので、もうちょっと気軽に遊べるように、タテ7マス×ヨコ5マスにして、それに合わせてチップの配置なども一新しています。

IMG_0027

こちらがプロトタイプ版の画面。第二世代iPad上で動かしています。画面中央の青いソードをタッチしたところで、白い所が移動可能範囲、赤くなっている場所が攻撃可能範囲です。

IMG_0028

青ソードの下の赤ウィザードを実際に攻撃した画面。このような感じで進めていきます。

イメージとしては将棋ベース+MTG系カードゲームのパワー/タフネス制+SRPGテイストな特殊能力もあるデジタルボードゲームという感じでしょうか(今回、特殊能力は実装されてないです)
当日はルールブックを置いて、互いにそれを見つつ一緒に戦ってみるという感じで遊んでみる予定です。ルールについては遊びながらガンガン変わっていってる最中なので、ぜひ皆さんからもご意見を頂ければ。

デジゲー博はイベントの特性上、実際に遊べるゲームを展示しないとなかなか立ち止まってもらえなさそうなので、今後もデジゲー博ではこのようなタイプのゲームの展示をしていけたらいいなと思っています。デジゲー博でリゼット関係、コミケではメモドグ関係という感じでやろうかなと思っていますが、そうそう上手くいくのかは分かりません。

兎にも角にも、ルディガも絵面的には結構地味ですがボードゲーム好きな方は楽しめるかと思いますので、なにとぞ!

それではデジゲー博当日にお会いしましょう。