月別アーカイブ: 2016年7月

Haruna_Progress_Thumb_0726_1600x900_jp_blog

キャラクター立ち絵アートボード – 神咲春菜 + 警察メンバー

こんにちは。ディレクターの高橋です。

今回は春菜と、新たなキャラクターたちをご紹介します!

Haruna_Progress_0725_1600x900

米倉と竜泉寺は公式でも初めてお披露目するキャラクターですね。

竜泉寺は春菜と同じ刑事であり、春菜にとっては先輩にあたる人物。右側にあるラフスケッチでは春菜が竜泉寺のポーズを真似していたり、春菜は竜泉寺のことを師匠のような存在だと思っているようです。また、米倉は鑑識官であり、竜泉寺や春菜の捜査に協力しています。

真面目そうな米倉に対し、自由な雰囲気が漂う刑事二人組。CODE01での出番は少ないですが、存在感のあるキャラクター達です。CODE02以降での活躍にもご期待下さい。

それではまた次回!


Sorano_Progress_Thumb_0726_1600x900_jp_blog

キャラクター立ち絵アートボード – 瑞梨そらの

こんにちは。ディレクターの高橋です。

今回はレイナに続きそらのの立ち絵アートボードです。

Sorano_Progress_0719_1600x900

そらのは可愛い手の形のポーズが多い感じで、笑顔が似合いますね。服がファサっと横になびいてる感じなので、横幅が広くなりがちゆえに枚数も2枚と少なくてすみません!残りは本編で是非ご覧ください。

来週はいよいよレイナ、そらの、春菜、朱音、など女の子メインキャラクターの収録が開始されます。残りの収録も頑張ります!

ではまた次回!


Reina_Progress_Thumb_0719_1600x900_jp_blog

キャラクター立ち絵アートボード – 折笠レイナ

こんにちは。ディレクターの高橋です。

声優様の収録がおよそ半分程終わりまして、裕樹、翔、エマ、ほか3名の収録が完了しました。

私は全て立ち会いさせて頂いているのですが、どの方も本当に素晴らしい演技で、音響監督の方のディレクションも素晴らしく、キャラクターの内面や置かれた状況を声で表現するというのはこういうことかと、毎回驚きの連続です。

何百回と読んだシナリオですが、声が付くことで新たに感じる部分も多く、つい感極まってしまうシーンもありました。声が全て組み合わさるのが、私自身とても楽しみでございます。

さて、グラフィックの方も結構進んでおりまして、そろそろ皆さんにお披露目出来るものを…ということで、レイナの立ち絵グラフィックのアートボードを作ってみました。

Reina_Progress_0719_1600x900

一番左のものが最終的な仕上がりになります。KickStarterの時のキャラクターグラフィックの雰囲気を残しつつ、質感を新たに、とても良い仕上がりになりました。右側にあるものはポーズパターンと表情パターンのラフの一部です。これらのパターンを組み合わせて、感情表現や立ち居振る舞いをさせていく感じになります。

レイナは知的なイメージが強いキャラクターですが、そういうキャラクターこそ困った顔や微笑んだ顔がかわいいですよね!レイナかわいいよレイナ。

そのような感じで、他のキャラクターも徐々にお披露目していければと思います。

ではまた次回!


Memory’s Dogma CODE:01 今月より収録開始です!

6628389182832171897
こんにちは。LizArtsの高橋です。

Memory’s Dogma CODE:01のキャラクター全ての配役が確定しまして、収録スケジュールもほぼ確定しました。(そしてナンバリングタイトルはCODE:01となりました)

丁度去年の6月の中頃、KickStarterでフルボイス化のストレッチゴールを達成してから、「これは本気で挑まなければならないぞ」と思い、震える手で声優事務所様の電話番号へと電話を掛けたのがつい数日前のことのように鮮明に思い出されます。そこからご紹介頂きました音響制作会社様の多大なるご協力のもと、こうして今月収録開始を迎えることとなりました。

「キャスト発表は収録完了後」というお約束がありまして、実際にお名前を発表出来るのはもう少し先ですが、「KickStarterで支援をすると、ここまで実現出来るんだ」というのを、KS支援者の皆様にも感じていただければ幸いです。

memory_print

収録用台本の印刷風景。

最終的には全て3部ずつ用意したのでこの3倍以上の紙の量になりました。向こう1年分くらい紙を印刷した気がします。

今後は収録風景などもご紹介出来ればと思います。

また、日本の方向けの情報となりますが、4月頃に「夏コミに間に合えば日本語版を先行で出したいかも」ということをブログにて記載しておりましたが、こちら夏コミ合わせは見送る形となりました。つきましては、当初の予定であった日本語・英語同梱版のみがリリースされる形となります。ご了承ください。

今月も頑張ります!
引き続きよろしくお願いします。