リゼット英語版ってどうなってるの?

みなさま明けましておめでとうございます。
今年もがんばるぞ、という所でよろしくお願いいたします。

リゼット英語版ってどうなってるの?

このブログでリゼットの話はあまりしてなかったような気がするのですが、こちらもちゃんと進めております。英訳の状況としてはほぼ完了したという所のようです。翻訳の方、ありがとうございます。ゲーム本編の他、アトリエブックの翻訳もされる、かも。

あとはプログラムの方も、判定が分かりづらかったな〜という所を調整したり、後半のストーリーパートでスキップが全然出来なかったのを、全ステージで出来るようにしたりと、プレイ中のストレスをある程度軽減できるような調整をしています。あとは実は仮画像でした、とか、実はこの手順で進めるとバグってしまう、とかを直しています。

細かい所で言うと、mp3再生だった所をm4a再生にしたりとかしました。ライセンス関係のアレがあるので。wav再生でいいかとも思ってたんですが、これは再生のラグが正直実用レベルではなかったのでやめました。Flashはこの辺があまり親切でなくてつらい。本当はOP/EDの動画再生も画質的にwebm形式とかで再生したいのですが、ちょっと難しいかなあ。とりあえずそこはflashムービー再生のままです。

resette_voice

このスクリーンショットを見て頂くと分かるのですが、VOICEという項目設定があります。これはボイス再生機能ということで、BGM、SEとは別に台詞に合わせて音が出て、途中で次の台詞に行くと次の音声が重ならないように再生されるようにしています。(地味にスライダーのボタンも大きくしました。小さいと調整しにくいので)

ただ、今回はとりあえず機能を追加しただけで、フルボイス化される訳では特に無いです(リリースされる時はVOICE設定は見えないようになります)。ここが展開していくかどうかは、リリース後の状況によって決まる、という所ですね。今回はひとまず準備だけしておく、という感じです。

あとは英訳文がちょっと長くなってしまって、同じ文章でも吹き出しの中に収まらないとかが起こっていて、はみ出るような長さの時だけ文字サイズを調整できるように出来たらいいなあ、と思っています。まだ未着手。

そのあたりが終われば、あとはほぼ終わりかな〜というところで、ようやくここまで来た、という感じですね。
英語圏の皆さんにも、リゼットを楽しんでいただける日が待ち遠しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>