Memory’s Dogma CODE:01 いよいよリリース直前!

なんだかこんなものが下書きページにずっと残っていた。
どうやらちょうどリリース直前のときに書いていたブログ記事のようだ。
今読むとなんだか面白かったので投下してみる。
自分がこれから出そうと思ってた記事はまたべつだよ。

——————————————————————

こんばんは。高橋です。

メインビジュアルイラスト

「Memory’s Dogma CODE:01」のSteamページがいよいよ公開され、リリース日も○○に決定致しました。気になる頒布価格は1480円($14.99)となっております。お手に取りやすい価格かな~と思いますので、内容に興味をお持ち頂けましたら、ぜひぜひご予約下さい

私個人としては、ここまで来るともはや「天命を待つしかない」といった所で、言うべきことも殆ど無いのですが、リリース前に制作記事を書ける機会も今が一旦最後か~と思いまして、折角なので筆を取りました。

企画書を一人で書いた2013年の夏から3年目を迎え、KickStarterからは1年と少し、気付けばたくさんの人達にご協力を頂き、Memory’s Dogmaシリーズの第一弾としてこうして形にすることが出来ました。

音楽、シナリオ、美術、演出などなど、全てのセクションが、それぞれの限界を少し越えてしまうレベルで尽力を頂きまして、このチームで出せるベストのものになりました。

勿論上手くいかないこともたくさんあり、次から次へと「もうダメだ~!」となるようなこともあったりなかったりで、「もうこんな大変な制作は無理だ~!」と心の中で思いながらも、いざ制作の終盤に至ると、作業の区切り区切りで突如「ああ、これ本当に完成するんだ…」という名残惜しさのようなものを感じたり、一人また一人と作業を終えたセクションの方との最後の連絡をする度に、なんだかさびしくなるような気持ちになったり、心から本気で作れる、良い制作の機会を頂けたと思います。

……と、何だか最後の挨拶みたいになってしまいましたが、Memory’s Dogmaとしてはようやくスタートを切ることが出来ます。

これから、どこまでメモドグワールドが広がっていくのかは、プレイヤーの皆さんのご判断に託されます。もし楽しんで頂けましたらば、ぜひぜひ今後ともLizArtsを応援下さい。

そんなこんなで、リリース日まで今暫くお待ち下さい。
それでは!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>